結婚記念日の花

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 14商品中 1-14商品
  • 次のページ
14商品中 1-14商品

結婚記念日にオススメの花ギフトは、赤いバラを使ったアレンジメントです。愛情や情熱といった花言葉を持つ赤いバラは、大切な方との記念日にぴったりの花だといえます。
もし赤いバラが照れくさければ、ピンクをメインにしたアレンジメントも女性らしいかわいらしさがあって記念日のお花として人気があります。

どの商品を選択するかについてですが、花そのものをメインのプレゼントにするのか、もしくはディナーや旅行などメインとなるイベントがあって、その流れで渡すのかによって変わってきます。
ディナーに行ったときにさりげなく渡したいのであれば、持ち運びにも適しているミニキューブ/プレシャスレッドやスリムボックス/チェリーレッド、花そのものをメインにするなら赤いバラをたくさん使ったフラワーベース/エレガンスや、カラフルで華やかなフラワーベース/カラーズなどがオススメです。

ちなみに結婚記念日には年数によってそれぞれ名称があります。現代では呼び名が変わっているものもあるのですが、ここでは伝統的なものを取り上げます。

1年目 紙婚式、2年目 綿婚式、3年目 革婚式、4年目 花婚式
5年目 木婚式、6年目 砂糖婚式、7年目 銅婚式、8年目 青銅婚式
9年目 陶器婚式、10年目 錫婚式、11年目 鋼鉄婚式、12年目 絹婚式
13年目 レース婚式、14年目 象牙婚式、15年目 水晶婚式、20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式、30年目 真珠婚式、35年目 珊瑚婚式、40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式、50年目 金婚式、55年目 エメラルド婚式、60年目 ダイヤモンド婚式

25年目の銀婚式あたりからは聞いたことがあるものも多くあると思いますが、それ以前となると耳慣れない不思議な名称がたくさんあります。結婚4年目の花婚式(果実と花婚式)は、花が咲き実がなるようにという意味が込められていて、お花を贈るのが慣習になっています。