お花のマナー

お花を贈るということは、相手に対しての好意や感謝の気持ち、励ましなどを伝えることであり、どんな花でももらう側はうれしいものです。ですから基本的には自分や相手の好きな花を選べばよいのですが、昔から特定の状況においてよく使われる花、また使うべきではない花というものも存在します。
ここではプリザーブドフラワーを使った贈り物としてよく使われる各種お祝い、お見舞いに適した花ついて説明したいと思います。

お祝い

誕生日や結婚記念日、入学・卒業のお祝いなどにはピンクやイエローなどの明るい色の花がよいでしょう。
友人・知人の結婚祝いも同様ですが、あまりよくない花言葉を持つ花(嫉妬を意味する黄色いバラなど)や恋人へ贈るときによく使われる花(情熱の意味を持つ真っ赤なバラなど)を、単色のアレンジで贈るのはできるだけ避けましょう。もちろん親しい間柄で、相手の好きな花や色を知っているならそれらをメインにしたアレンジでも問題ありません。
また、母の日やクリスマスなどは記念日と特定の花や色が結びついているので(母の日→カーネーション、クリスマス→赤・緑・白、など)、なにを贈ればいいか迷ったときはそれらを選択するとよいと思います。

お祝いの花
誕生日の花
結婚記念日の花
母の日の花

お見舞い

お花を贈るシチュエーションというのはいろいろあると思いますが、もっとも気をつけなければいけないのがお見舞いのときです。
お見舞いをするということは、相手の体調が悪かったり病気で入院しているということなので、それを慮った上で花を選びます。
具体的には以下があげられます。

1.香りの強い花を選ばない
2.真っ赤な花を選ばない
3.すぐに枯れる花を選ばない
4.鉢植えを選ばない
5.菊を避ける

1は、体調のよくない方にとって強い花の香りが気分を悪くする原因になるかもしれませんし、相部屋の病室ではまわりの方の迷惑になる可能性もあります。生花でいえばユリなどがあげられます。ユリは香りのほかにも花粉がつくと取れにくかったりと、お見舞いの花としては不向きといえます。
2は血の色を連想することや、赤という色が興奮させる作用をもつことから、お見舞いには避けるべきだといわれています。
3に関しては、すぐに枯れてしまう花はあまり縁起のいいものではありませんし、掃除や手入れに手間がかかるというのもマイナスです。
4は昔からよく言われているもので、根のあるものは病気が根づく、もしくは寝つくという語呂から避けられています。
5は、菊はお葬式やお墓参りのときによく使われるものなので、お見舞いにはタブーとされています。
その他にも、菊の理由と同様に葬儀を連想させる白一色のアレンジや、枯れるときに花首がぽろっと落ちるツバキや、死と苦を連想するシクラメンはよくないとされています。

プリザーブドフラワーを使ったアレンジということでいえば、香りや根がなく枯れることもないので、1・3・4は気にする必要はありません。5の菊に関しては、お供えものなど仏花としてよく使われるようなものを避ければ問題ないと思います。そもそも菊は縁起の悪いものではなく高貴な花で、国を代表する花としても有名です。
以上、いろいろと気配りの必要なお見舞いの花ですが、おすすめとしては明るく淡い色であるピンクなどをメインに使ったアレンジを選ぶとよいと思います。

お見舞いの花

出産祝い

出産祝いに贈る花は、基本的にはお見舞いと同じ考え方で選ぶのが無難です。とはいえおめでたいことなので、お見舞いほど色や種類に気を使う必要はないと思います。相手の好きな花や似合いそうな色を選ぶとよいでしょう。
贈るタイミングとしては、生まれてから大体一カ月以内といわれています。出産後や退院後すぐですと、先方もいろいろとばたばたしていると思うので、少し落ち着いたころに贈るようにしましょう。