お見舞いの花

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 12商品中 1-12商品
  • 次のページ
12商品中 1-12商品

贈り物の花の中でももっとも気を使わなければいけないとされているのがお見舞いの花です。やはり体調のすぐれない方へ渡すものなので、慎重に選択する必要があります。

ここではプリザーブドフラワーに関連のありそうなNGについて取り上げます。
まず色についてですが、赤、紫、白は避けましょう。赤は血を、紫と白は死や葬儀などを連想させてしまうからです。また菊は高貴な花なのですが、葬儀や仏花によく使われるのでお見舞いの花には適さないとされています。
そのほか匂いの強い花もよくないとされていますが、これに関してはプリザーブドフラワーは香りがないので問題ありません。
最近では病院でお花の持ち込みを禁止しているところも増えているそうです。もっともこれは生花に関するもので、花や花瓶の水などに存在する菌が、免疫力の弱った方に感染する可能性があるからです。

こういったことを考えると、匂いや水やりの手間もなく、花首が落ちたりまわりに散らばったりすることもないプリザーブドフラワーアレンジメントは、お見舞いの花に最適だといえます。
オススメはクリアキューブです。病室に置いてあっても邪魔にならないサイズで、ケースに入っているので花びらがまわりに落ちたりすることもなく、持ち運びも簡単です。

個人的にはもっと自由にお花選びをしてもいいんじゃないかと思うのですが、体調がよくないときはいろいろと考え込んでしまいがちで、善意の気持ちから贈ったものでも悪くとらえられてしまうこともあるかもしれません。また色の持つ作用だったり匂いだったりと、持っていかない方がよいものにはそれなりに合理的な理由があるものも多いです。
ここであげられたことをひとつの目安にして、相手の心を癒すようなお花を選んでいただけたらと思います。